一日の流れ

事務スタッフ

経理部 濵田 代志子の1日

経理部 濵田
職場の朝は、元気なあいさつから。経理部は来社されたお客さまがよく見える場所にあります。事務仕事だけでなく、お客さまへの応対も大切な仕事。目配り、気配り、心配りという企業理念を胸に、謙虚と感謝の気持ちを毎朝思い起こします。
経理部 濵田
電話応対では、トラックに関する用語が飛び交います。わたしはトラックが大好きなので、伝票や電話でそういう言葉を見聞きするたびにうれしくなります(笑)! さらに、簿記などの学校で学んだスキルが生かせる仕事です。
経理部 濵田
会計ソフトへの入力や支払いの段取りが主な仕事です。毎月、税理士の先生に確認いただき、ノーミスだと皆で喜びます。支払いの段取りが終わると、支払いを実行する課長に仕事を引き継ぎます。課内のチームワークで、定時に終わるように頑張ります。

営業スタッフ

ボルボ・トラック事業部課長 杉村 淳の1日

ボルボ・トラック事業部課長代理 杉村 淳
まず一日の行動予定を立てます。お約束をいただいているお客さまへのご訪問時間を軸に、その周辺のお客さまも訪ねるなど営業効率を考えます。一日の訪問件数は4〜5社。トラックの知識の乏しかったわたしですが、自然と身に付きました。
ボルボ・トラック事業部課長代理 杉村 淳
倉敷市から福山市までを中心に営業活動。このエリアは自分で新規開拓をしたお客さまが多く、お取引のたび、自分が信頼されていると実感できます。既存のトラックの買い換え需要などもあり、長年にわたりお付き合いできる関係がうれしいです。
ボルボ・トラック事業部課長代理 杉村 淳
帰社後は、上司や営業事務、整備スタッフとの「報告・連絡・相談」を徹底。また、営業目標をどのように達成するか戦略を考えたり相談したりします。書類作成などを集中して行うなど、デスクワークもこの時間が中心となります。

サービススタッフ

サービス部 遠藤 卓巳の1日

サービス部 遠藤 卓巳
二人一組で修理や検査などの作業を行っています。安全に作業を行うため、作業の打ち合わせは欠かせません。自動車整備は大学で学びましたが、現場では毎日が学びの連続で、仕事をとおして自分の成長を実感することができます。
サービス部 遠藤 卓巳
整備工場では10時12時15時の3回休憩があり、一日のリズムにメリハリがあります。先輩は皆気さくで、話しやすい人ばかり。いまは先輩の下で仕事をしていますが、早く上の立場に立って、一人前と言われるようになりたいと思います。
サービス部 遠藤 卓巳
ボルボ・トラックは、一つひとつの部品が国産より丈夫にできていて重たいものもありますが、整備がしやすいような作りです。故障車が持ち込まれた場合は、まずその原因を特定することから始まりますが、そこが難しくもありやりがいを感じます。

現在の募集状況は下記をご覧ください。

▼新卒採用はこちら▼
マイナビ2018
▼中途採用はこちら▼

わたくしごと

中古トラックを詳細を指定して探す

NEW :
車 種:
メーカー:
形 状:
年 式:
保 証:
支 店:
問合せNo.検索:

Page Top