ボルボ・トラックについて

知れば納得、ボルボの高い信頼性。

ボルボ・トラックのご紹介

自動車NOx・PM法ポスト新長期適合車、平成27年度燃費基準達成車。
グレード感と追及された安全性を兼ね揃えたボルボFHシリーズをご紹介します。

ボルボ・トラックFHシリーズの特長

ダイナミックなデザイン

  • 流れるようなキャブライン。際立った印象を与えるフロントグリル。
    ダイナミックなカーブを描くウィンドスクリーンの周りは、空気動力に重点を置いてデザイン。
    ダイナミックなカーブが印象的です。

良好な視界の確保

  • バイキセノンヘッドライトの採用により、明るく最適な配光で夜間走行をサポート。
  • コーナリングランプ搭載。交差点などでの右左折時に曲がろうとする方向を照らし、視認性を向上。
  • レインセンサー(オプション)により、雨天時もクリアな視界を確保。

快適な室内環境

  • 高い天井高と凹凸のないフラットフロアにより広いキャブ空間を実現。
    ゆったりと運転できるとともにキャブ内の移動も楽に。収納スペースもさらに充実。(写真はグローブトロッターキャブ)
  • 幅広で良質なクッションを使用したベッドを採用し、十分な疲労回復をサポート。
    ラグジュアリーモデルには、リクライニングベッドを標準装備。
  • 空からの明かりを車内に。ルーフハッチ、スカイウィンドウを標準装備
    (スリーパーキャブはルーフハッチオプション設定)

ストレスの少ない運転

  • 電子制御自動トランスミッション「I-シフト」搭載。クラッチ操作なしに、なめらかですばやいシフトチェンジが可能。
  • 乗用車のようなステアリング周り。運転中に必要なスイッチ類を使いやすい位置に配置。快適性を高めたレザー
    ハンドルを装備した車種もあります。
  • 運転に集中していただけるディスプレイ。

充実の収納スペース

  • グローブトロッターキャブでは、スライド式の扉で、取り出しの際に中から物が飛び出すのを防ぎます。
  • 収納ボックスが引き出し式であることに加え、ベッドが跳ね上げ式になっているので、中身へのアクセスも容易です。
    車外から一部のボックスへのアクセスも可能です。

補助ディスプレイ、デュアルビューモニター、エマージェンシーブレーキランプ

  • 補助ディスプレイには、電話(電話帳)、オーディオ、カメラ画像等の情報が表示できます。
  • 左ミラーアーム部、キャブ後部に取り付けられた広角レンズで、積み荷や左後方の様子をとらえ、手元の補助
    ディスプレイに映し出します。
  • 車速50km/h以上で走行中に、減速度4m/s²以上の急減速をした場合に、減速度が2.5m/s²以下になるまで
    毎秒4回(4Hz)制動灯を自動的に点滅させ、後続車に急制動を知らせます。

なお、一部写真は欧州仕様で、日本仕様と異なります。
ボルボ・トラックについて、さらに詳しい情報はボルボ・トラック・ジャパン Webサイトをご覧下さい。

安全

視界の良さ

危険な状況を察知し回避するに、もっとも重要なことは良好な視界です。 ボルボのキャブは最大限の視界を確保できるようにデザインされ、大型ガラスパネル、パワフルなワイパー、さらに大きなサイドミラーを備えています。 また、ディスチャージヘッド・ランプ(HID)を使用して太陽の光にちかい照明を作り出し、ドライバーの目を疲れにくくする効果も実現しています。

ブレーキシステム

ボルボのディスクブレーキと電子制御ブレーキシステム(EBS)は瞬時に反応し、制動距離を最短にしながら車輌やペダルの感触を最適に保ちます。 このシステムは、常にすべてのホイールに対する制動力を効率的に分散するように設計されています。 さらにブレーキディスクは発熱にあわせて膨張し、ブレーキの偏摩耗を防止します。 このシステムをボルボ・エンジン・ブレーキ(VEB)と組み合わせることで、効率と安全性がさらに上がります。

衝撃に強いキャブ

キャブ内の人命を守るための十分なスペースを確保し、衝突エネルギーをキャブの後方に移動させることが事故に対する安全性を高める重要な要素となります。 キャブフレームそのものは高強度鋼板で造られており、ドアおよび前面で補強されています。 衝突時には、エネルギーはキャブの後方に伝達され、生存空間が確保されます。 キャブの取り付けは、ある程度ずれるように設計されていて、ドライバーを負傷させる可能性の高い貫通や変形を最小限にとどめるために、キャブが後ろに押し下げられるようになっています。 また、ダッシュボードはエネルギーを吸収する役割を果たし、ひざの高さにあるトリム類も同様です。 ハンドルもエネルギーを吸収し、ドライバーと衝突すると曲がるように設計されています。また、内装には難燃性の材料が使用されています。

居住性

計器類は操作性・視認性ともに良く、エアサスペンション・シートは電動調節式で、シートベルト一体型。 個々のドライバーに合わせてシートを調整できます。運転席・ベッドも広く、ゆったりと運転・休むことができます。 そして、常に静かな環境で運転していただけるためにボルボはトラックのさまざまな騒音を軽減し、キャブの騒音レベルを低く保つために配慮しています。 交通量の多い道路の近くで休憩した場合でも、ゆっくりとお休みいただくことができます。これらの快適性は安全性にもつながります。

環境

低燃費・低排出のディーゼルエンジン

ディーゼル・エンジンが今後も長年にわたって、大型車輌の動力源を担う主な技術であり続けることは、あらゆる場面で示唆されています。同時にボルボはディーゼル・エンジン技術を信頼しています。その理由は4つあります。

  1. 非常に信頼性が高く、経済的に機能するように設計。競争力があり、商業的に継続して用いられるための基本的な条件を満たしています。 燃焼効率の点で卓越現代のディーゼル・エンジンの燃焼効率は最高約45%に達しています。
  2. 最良のガソリン・エンジンでも燃焼効率が30%に満たないことと比べてみると、その差は明らかです。 排出ガスを減らす様々な処理システムと組み合わせ可能。
  3. 化学合成ディーゼル軽油、ディメチルエーテル、アルコール、ガスなど、さまざまな燃料で使用できるように改良可能。

また、ボルボでは、尿素還元触媒(SCR)、排気ガス再循環装置(EGR)用の先進システムや噴射圧力、燃料の量、噴射タイミングを非常に高い精度で管理するユニット・インジェクタなどの技術を備えています。

リサイクル

ボルボ・トラックは、車輌に含まれる資源を分別してリサイクルできるように設計されています。製造する車輌に使われている材料の約3分の1(重量の 33%)に、再生原料が利用されています。リサイクルプロセスをサポートするため、解体用ハンドブックがほぼすべてのモデルに用意されており、資源を最も効率的にリサイクルする方法を調べることができます。そして、各地方でボルボ・トラックをリサイクルできるように、地方のパートナー企業との間で契約書に署名し、すべての企業において可能な限り最高のコンディションを整えて、トラックに含まれる資源が何度でも再利用されるようにしています。

中古トラックを詳細を指定して探す

NEW :
車 種:
メーカー:
形 状:
年 式:
保 証:
支 店:
問合せNo.検索:

Page Top